STORY

私たちが日々何気なく纏うワードローブの多くは、

地球の限りある資源からつくられたものです。

そして今アパレル業界は、環境破壊、海洋汚染、大量廃棄の課題に直面しています。

 

地球に優しい、循環型のものづくりがしたい。

 

そこで私たちは、さとうきびの廃材「バガス」に注目しました。

これは、さとうきびを製糖するときに発生する搾りかすです。

通常、捨てられてしまう未利用資源です。

 

このバガスから一生モノのデニムをつくり上げるべく、 岐阜県美濃市の和紙技術や

広島県福山市の織物技術、日本各地の縫製技術など 日本の伝統技術を結集させました。

 

自然を守り、私たちのいのちを支える「農」に寄り添うファッション。

世界に誇るJapanese-madeのデニム。

 

さとうきび畑から、エシカルデニムのお届けです。

沖縄の代表的な農産物「さとうきび」。

砂糖の原料として私たちの食文化を支えるのみならず、土が海中に流出するのを防ぎ、海の生物や珊瑚を守る役目も務めています。

しかし、近年では農家の高齢化、後継者不足によるさとうきび農家の減少が問題になっていて、産業衰退の危機に直面しています。

 

 

さとうきびを搾汁した後に残る搾りカスは「バガス」と呼ばれています。

大量に発生するバガスの使い道は、これまで製糖に使用する燃料がほとんどで、一部バイオマスや家畜の飼料などで利用されているものの、有効活用しきれていない状況が続いていました。

「SHIMA DENIM WORKS」は、このバガスから、新たな価値を持った製品を生み出すことを目標にスタートしました。

バガスはすぐに発酵が始まってしまい、加工や二次利用がしにくいという難点があります。

「SHIMA DENIM WORKS」は、オキナワパウダーフーズと連携し、すぐにバガスを加工できるシステムを構築しました。

 多くの人の共感を生み、たくさんの知恵や技術が集結して実現できたプロジェクトです。

パウダー状になったバガスは、融解され、伝統工芸品である美濃和紙の職人技による紙漉きの工程を経て、加工し易い丈夫な和紙糸に変わります。

その和紙糸は、Japan Denimの一大産地である福山市の工場にて、環境に配慮したコットン「COTTON USA」と織り合わせられ、ようやくデニム生地として仕上がります。

沖縄から、日本全国、そして世界へ。

たくさんの想いを紡いでいきます。

TOP